本文へスキップ

千葉県船橋市の整体法(野口整体)による整体院。船橋全生整体院です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.047-423-0652

メール 

整体操法ご希望の方

整体法の目的

施設写真

 船橋全生整体院の整体操法の目的は、人間の本来の姿である、自分の健康を自分の身体で保っていくことができる身体にし、日々全力を発揮して生活できる心と体を取り戻すことです。

 本来人間は皆、健康であり、何か身体に異常があると基本的には、元に戻るように設計されています。それがなかなか経過しないのは身体が正常でないからです。身体を正常な状態に仕向ければ病気、症状はおのずと必要がなくなります。そのような身体を育ていくのが
整体操法、輸気(ゆき)の目的なのです


適度に使えば身体は強くなる

 病気になるとかつての私がそうだったように、薬を飲まなければ治らないと考える人は多いと思います。それでちょっとした身体の変動でも薬を飲み、現在は、症状がないのに予防のために薬を飲んでおこうと考える人もいます。
 
しかし、そのような生活を繰り返すと自分の体力を発揮して治そうという力そのものが怠けてしまいます。
 
 人間の身体の機能は、使わなければ衰えてしまいます。逆に適度に使えば
機能がアップします。筋肉も使わなければ細くなるのと同様にちょっとした身体の変動にも薬などのを使い、外部から護ったり、庇ったりばかりしていると体のもとに戻そうとする機能が怠けてしまうということです。ですからなるべく身体の機能を働かせるのが健康を保つ秘訣なのです。

また、身体が感じる異常感(変動)は、
すべて悪いわけではありません。悪い食べ物が体内に入ると吐き出し、下痢をして排泄するというのは体が正常に働き、身体を護っているということです。風邪を引き鼻水、咳がでるのもウイルスを体外に出そうとする働きですし、発熱も免疫力を高めウイルスと戦っている証拠です。最近やっと医学界においても発熱しても解熱剤を使わない方がいいという考え方になってきていますが、他の身体に起きる現象においてもそのような考え方が必要だと思います。
 
ウイルスが体内に入ってきて咳や鼻水でウイルスを体外にだそうとせず、体がウイルスと戦うために発熱しようともしない体だとどうなってしまうのでしょうか。症状をすべて止めてしまうということは、そういうことだと思います。

痛みの意味

骨格筋の異常でも痛みがともなうものも少なくありませんが、他の治療法では痛み自体を取り除くという考え方で治療が行われますが、痛み自体も身体の運動制限であったり、痛みを感じることにより身体の治癒力が働きだすという面がありますので、すべて悪いものともいえない面があります。

 
ぎっくり腰で来院される方は後をたちませんが、このような急性の腰痛症の場合でも痛いが歩ける程度で発症するケースから、全く歩くこともできなくなるケースまで様々です。

痛みは急に現れますが、多くの場合かなりの疲労が腰にたまっていたり、常に腰に負担をかけていて、ある程度のところで何かの要因が重なったときに(急に身体を動かした、無理な体勢で動かした、季節的に冷えた、冷房などで冷やしてしまった、運動後汗をかき冷やしてしまった。など)痛みが出てきます。

 これは首の寝違いなども同様です。
痛みの程度がひどければひどいほど疲労をためていたということです。何度も繰り返すという人は、痛みだけを処理をしている人が多く、疲労をとりきらないうちに痛みだけが消え(麻痺させ)元の疲労がたまった生活にもどりしばらくすると再発するというケースが少なくありません。

症状はだんだん重くなってくるのが特徴です。以前はすぐ治ったのになかなかなおらず、慢性的に腰痛になる場合もあります。
 
 痛みはつらく苦しいものですが、整体法においては、痛みや症状を取り除くとか、病気をやっつけてしまうという考え方ではなく、
それらが必要のない身体にするとういうのが整体法の考え方です。そしてさらに身体を敏感にし、身体の異常を小さなうちに感じ取ることができ、それを自然に経過させてしまう身体にするというのが整体法の目的です。
 

整体操法

 整体操法は、まずは身体の観察を行い、その人の不整な場所をさがします。そしてその人に必要な操法を行います。操法とは整体法における身体操作のことですが、機械、器具を使わずに手技のみで行います。

 
曲がった骨を見つけ出しそれをバキバキ矯正するようなことはいたしません。また、筋肉を揉みほぐすという手技でもありません。調律点という整体法の急処に刺激し、輸気(ゆき)という気の集中を行い、強い刺激を加えずに操法によって体を正常な状態に仕向けていきます。

 整体法は、日本で体系づけられた技術ですのでベッドを使用しないで、
畳で施術を行います。

 整体操法にかかる時間は、症状によって異なりますので
何分と決めていません。長ければ親切に感じる人も多いと思いますが身体に変化をつけさせるには余計なこと行うことは不利になります。身体に加える刺激は、過剰に加えるのはよくありません。だいたい目安は20〜30分程度となります。(初回は、お身体を調べますので40〜50分程度かかります。)

  整体操法を受けられる場合、他の療法(接骨医、、鍼灸、カイロプラクティック、指圧など)を当日、前日に受けられた方はお受けになれません。特にぎっくり腰などで当日、前日に他の治療を受けたが操法も受けたいという方がいますが、体のいじりすぎになってしまいますので逆効果です。
最低でも48時間はあけてください。

 整体操法をお受けになられる場合の服装は、ジーンズ以外のズボンが好ましいです。女性の場合スカートの場合は、タオル等をかけて対応いたしますが、可能でしたらパンツスタイルでご来院くださいますようお願いいたします。

好転反応について

整体操法、輸気を行っていきますと身体が敏感になり、身体が健康を保とうという働きが高まりので、いろいろな変化が現れることがあります。それらを反応と呼んでいます。

1.弛緩反応
 身体がだるくなったり、異常に眠たくなったりします。しかし、なんとなくここちがいい感じがします。食欲がなければ無理に食べないようにし、だるければ少し横になるようにしてください。。

2.過敏反応
 痛みがはっきりしてきたり、昔傷めて治りきらずに感覚が麻痺していた場所が一時的に痛くなったりします。稀に発熱したりすることもあります。一見急性病に似た変化が起こりますが、それを経過させると治りだします。この時期は、特別寝たりしないで普通に生活して大丈夫です。

3.排泄反応
 体の排泄機能が高まります。体の毒素、老廃物などが体外に排泄される反応です。汗を多くかいたり、下痢をしたり、色が変わった便をしたりすることがあり、体が掃除されます。

 この反応は、すべての人に出るわけではありません。特に長期間、身体に異常を持っている人は、反応が出やすくそれを経過することで身体が正常になってきます。反応は、その人に必要ならでますし、必要がなければでません。ですから反応が出るのがいいとか、出ないからよくないというものではありません。
反応が出たときは身体を冷やさないような工夫をしてください。

御礼

長々とお読みいただきありがとうございました。整体操法は、ある程度目的を理解されてから受けられるのがよいと考えております。このページを一読された方で操法をご希望の方は、お電話にてご予約いただき御来院ください。また、時間、場所等はこちらのページでご確認ください。
 それではご連絡お待ちしております。
メールでご相談。
予約電話047-423-0652

船橋全生整体院船橋全生整体院

〒273-0005
千葉県船橋市本町6-3-23パルテール船橋1F
TEL 047-423-0652